いちょうの会2015年度活動日誌        いちょうの会2014年度活動日誌    



大阪クレサラ・貧困被害をなくす会
 平日午後1時~午後5時まで電話受付
大阪いちょうの会
大阪いちょうの会第26回定期総会

 大阪いちょうの会第26回定期総会議案
2017年日程表
2017年役員推薦名簿

  
  毎週火曜日・木曜日午後5時からなんでも相談(要:予約)
  毎週火曜日・木曜日午後1時からヤミ金相談(要:予約)
  毎週水曜日・午後3時より「追い出し屋」「ブラック地主・家主」相談(要:予約)
  毎週水曜日・午後1時より西成市民館にてなんでも相談(予約なし対応)
  毎週第4日曜日・午後1時より依存症自助グループと大阪市立啓発センターにて
                                相談会(予約なし対応)
ヤミ金対策委員会
  全国ヤミ金融・悪質金融対策会議に加盟しています。
  毎週火曜日・木曜日の午後1時より定例相談(要:予約)
奨学金問題対策委員会
  奨学金問題対策全国会議に加盟し、相談活動とあわせ給付型奨学金の実現目指して
  います。
追い出し屋対策委員会
  住まいは人権を合言葉に賃借人の住み続ける権利を守るために頑張っています。
  どんな権利侵害にも立ち向かいます。
  毎週水曜日・午後3時より定例相談(要:予約)
ブラック地主・家主対策委員会
  「生活弱者の住み続ける権利対策会議」に加盟しています。
  毎週水曜日・午後3時より定例相談(要:予約)
釜ヶ崎対策委員会
  釜ヶ崎の西成市民館をお借りして、7年前から定時定点でなんでも相談会を行って
  います。いまや、釜ヶ崎に大きく根づいています。
  毎週水曜日・午後1時~3時:西成市民館にて定例相談
依存症対策委員会
  大阪府依存症対策推進協議会の委員、学者、GA大阪、ギャマノン大阪の自助グループ
  の方々おと共に悩み、苦しみ活動を行っています。
  毎週第4日曜日・ミーティングに参加し、相談活動を行っています。
高齢者・障がい者対策委員会
  法律の、そいて福祉の専門家と場合によってはチームを組むなど様々な方法で
  解決の道を探しています。
  相談希望の方は随時・電話予約にて対応
家計管理委員会
  毎年11月初旬・「生活再建手帳」(わかりやすい家計簿)を発行。好評です。

第25回定期総会議案書
 

大阪クレサラ・貧困被害をなくす会(大阪いちょうの会)

総 会 次 第

        

第一部

①代表幹事挨拶・・・・・・・・・・・・・・・・・・司法書士 堀 泰夫

②ご来賓挨拶・紹介/メッセージ紹介

2015年総括・2016年基調提案・・・・・・・・・・・事務局長 川内泰雄

基調講演

 「カジノ問題について」

桜田照雄阪南大学教授 (カジノ問題を考える大阪ネットワーク代表)

 

第二部 活動の報告、今後の取組

   障害年金、社会福祉問題・・・・社労士 藤岡夕里子(社会保障問題研究会)

   生活弱者の住み続ける権利対策会議・・・田中祥晃(全国借地借家人組合長)

   ヤミ金対策・・・・・・・・・・・司法書士 前田勝範(ヤミ金対策委員会)

   西成相談・・・・・・・・・・・・司法書士 高井嘉久(西成相談委員会)

   依存症問題・・・・・・・・・司法書士 上溝博司(依存症問題対策委員会)

   カジノ・・・・司法書士 新川眞一(カジノ問題を考える大阪ネットワーク)

   高齢者障がい者問題・司法書士 堀 泰夫(高齢者障がい者問題対策委員会)

   生活困窮者支援・・・・・・・・弁護士 山田治彦(生活困窮者支援対策)

   奨学金・・・・・・・・・・・・弁護士 山田治彦(奨学金問題対策)

   「高校等(大学以外)の奨学金問題(都道府県教委)」と取立の実態・川内泰雄

   障害年金、社会福祉問題・・・・社労士 藤岡夕里子(社会保障問題研究会)

⑫家計管理・・・・・・・・・・・・・(家計管理委員会)

 

第三部 会計、役員選出

   2015年度会計報告・会計監査・2016年度会計予算案

2016年度役員選出

第四部      討論会「各報告の意見交流とこれからの活動」

司会 司法書士 新川眞一、コーディネーター 弁護士 植田勝博

    13分以内での自由闊達な自由討論会

①決議採択 ・消費者庁・国民生活センターの地方移転反対

         ・大阪府育英会の奨学金延滞金利撤廃を求める

②閉会挨拶・・・・・・・・・・・・・・・・代表幹事 弁護士 植田勝博

       

2015年度活動日誌
 

いちょうの会2015年度活動日誌

2015

1

1/11被連協代表者会議●1/14いちょうの会事務局会議●1/15大弁貧困問題市民懇談会~遠藤比呂道弁護士(大弁)●各自治体生活困窮者自立支援担当者宛添付送付●1/16関西TVとの懇談●1/17依存症家族教室●1/19カジノ大阪NW事務局会議●1/22反貧困NW大阪「生活困窮者自立支援法学習会」(エル大阪)●1/23淀川区生活自立支援相談員との懇談●1/26TBS懇談

2

2/4カジノ全国会議●反貧困NW大阪会議●2/7トムテ公開講座●2/14いちょうの会総会●2/16カジノ大阪NW会議●2/21依存症家族教室●あかん!カジノ女性アピール記者会見(徳武)●2/26高齢者委員会

3

●大阪市会候補へカジノ賛否アンケ発送●3/21カジノ集会へ向けての諸団体訪問●3/3日弁連カジノ反対院内集会●3/4カジノ反対大阪NW会議●いちょう事務局会議●カジノ反対街宣(塚本駅前)●3/8釜が崎路上会議●3/12福島区役所へ訪問●3/13 3/21へむけての会議●3/14釜が崎再生フォーラム300回記念集会●3/18平野区役所訪問●3/21カジノ許すな全国集会(ATCタワー)●3/21依存症家族教室●3/22GA・ギャマノン合同バースディ●3/26反貧困大阪NW会議●岸和田市役所訪問

4

4/3一斉地方選挙前半戦告示●4/3生活困窮者自立支援勉強会(プロボノ)●4/10被連協事務局会●4/11対協拡大幹事会(高崎)●4/12被連協代表者会議●4/12統一地方選挙前半戦投票日●4/14高齢者委員会●4/15カジノ反対大阪NW会議●4/17生活保護基準引き下げ大阪違憲訴訟第一回口頭弁論(淀屋橋ビラまき・口頭弁論・報告集会)●4/1819奨学金問題対策全国会議シンポ(東京)●4/194/26一斉地方選後半戦4/26依存症家族教室●4/26尼崎あすひらく会総会

5

5/9カジノ反対全国会議1周年記念集会(東京・日司連ホール)●5/17大阪市解体住民投票・大阪市存続●5/20生活弱者の住み続ける権利対策学習会(プロボノ)●5/20大阪府依存症対策会議(GA大阪の随行員で参加)●5/20カジノ問題を考える大阪NW会議●5/21いちょうヤミ金対策委員会●5/22賃トラネット例会 ●5/24依存症家族教室●5/27いちょうの会ヤミ金110番(10時~5時)●5/27いちょう幹事会●5/31若者の住宅問題・空き家活用を考える大阪シンポ(国民会館 )●5/31釜ケ崎路上会議カジノ問題学習会(6時半居酒屋はな 講師新川司)

6

6/2いちょう高齢者委員会(いちょう)●6/5プロボノセンター新「1周年」記念パーティ●6/5反貧困NW大阪事務局会議(大弁)●6/6実務研(静岡)●6/7被連協代表者会議(静岡)●6/9ブラック家主110番記者レク●6/14BLACK家主110番」(いちょう)●6/17カジノ問題を考える大阪NW会議●6/17いちょうヤミ金対策委員会●6/24日弁連カジノ反対院内集会&議員会館まわり●6/27生活弱者の住み続ける権利対策会議●6/28依存症家族教室

7

7/10被連協事務局会議●7/11対協拡大幹事会●7/12被連協代表者会議●7/14カジノ関連国会議員地元事務所周り●7/17いちょう高齢者委員会●7/20カジノ反対全国幹事会●7/22カジノ問題を考える大阪NW会議●7/22生活困窮者関連福島区研修会●7/26依存症家族教室●7/26奨学金問題神戸NW実務研

8

8/88回消費者法ニュースリレー報告会●8/8甲斐先生傘寿祝賀実行委員会(被連協代表として参加)8/228/23生活保護問題議員研修会(神戸)8/23依存症家族教室●8/26カジノ問題を考える大阪NW会議●8/26あかん!カジノ女性アピール学習会●8/26平安の会総会

9月  

9/6全国市民オンブズマン大会/カジノ分科会(神戸学院大)9/7MBCTVでブラック地主問題放送/翌日から℡集中●9/11いちょうの会臨時幹事会●9/12対協拡大幹事会●9/13被連協代表者会議●9/16カジノ問題を考える大阪NW会議●9/26大弁奨学金シンポ●9/2627カジノ反対全国統一行動9/27京橋にて街宣●9/27依存症家族教室

10

10/7賃トラネット例会 ●10/10被連協事務局会議●10/10甲斐先生傘寿祝賀会 ●10/14カジノ大阪NW会議 ●10/16生活弱者の住み続ける権利事務局会議●10/20いちょう高齢者委員会 ●10/2425 全国被害者交流集会(高崎)●10/25依存症家族教室●10/28生活保護アクション日比谷 ●10/29カジノ関連ビラまき(中之島公会堂周辺)●10/末いちょう会計年度締め

11

11/8大阪GA・ギャマノン21周年記念ミーティング●11/8大阪市長選告示●11/10反貧困大阪NW会議(いちょう)●11/15ブラック地主&家主110番(いちょう)●11/16クレサラ対協事務局会議●11/18日弁連奨学金問題110番●11/22大阪知事・市長ダブル選投開票●11/22依存症家族教室(八塚・河田司法書士講演)●11/25いちょう幹事会●11/2728東アジア交流集会(於:韓国 被連協より5名)

12

12/7いちょう高齢者委員会(いちょう)●12/8反貧困大阪NW会議(いちょう)●12/9ヤミ金一斉告発予定日(いちょうの会は参加せず)●12/9カジノ大阪NW会議●いちょう事務局会議●12/18対協常任幹事会(大阪)●12/27依存症家族教室

 


第24回定期総会
   
   みなさん、大変お世話になります。大阪いちょうの会です。

 当会は2015年2月14日 に第24回定期総会を開催し、名称の変更もおこないました。
 
 下記は大阪府内各団体(官・民)にだした(お知らせ)です。
そのまま掲載し、皆さんへのご挨拶とさせていただきます。

 カジノも大阪が大本命と言われ、反対運動の広がりを目指して頑張る所存です。情勢は大変、厳しいものがありますが、「大阪が変われば日本が変わる」という意識で臨んでいきたいと思います。

 全国の仲間のみなさん、今後ともよろしくお願い申し上げます。
                                           2015 年2月吉日

     『大阪クレジット・サラ金被害者の会(通称;いちょうの会)』は
           『大阪クレサラ・貧困被害をなくす会(通称;いちょうの会)』に

 名称の変更をいたしました。

             〒530-0047 大阪市北区西天満4丁目5番5号マーキス梅田301号
                                大阪クレサラ・貧困被害をなくす会
                                    代表幹事 弁護士 植田勝博
                                    代表幹事 司法書士 堀 泰夫
                                    事務局長 川内 泰雄
                           事務所℡06-6361-0546 Fax06-6361-6339

 拝 啓

 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 平素より、格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 当会はさる2月14 日に第24 回定期総会を開催し、標記の通り、名称を『大阪クレサラ・貧困被害を
なくす会(通称;いちょうの会)』に変更いたしました。

 当会は1992 年11 月にサラ金による過酷な取り立てによって心身的にも経済的にも追いつめられて自殺まで思いつめる被害者を個別に救済し、生活の立て直しをはかると共に、このような被害を社会から根絶することを目的に設立された任意団体です。

 この間、多重債務被害者の個別の救済をおこないつつ、高金利、過酷な取り立て、過剰融資というサラ金三悪を改正する貸金業法の改正に積極的に取り組んでまいりました。また、ヤミ金の撲滅のため活動してまいりました。

 その結果、国会でも全会一致で改正貸金業法が成立するという画期的な成果をあげてまいりました。
 その後の官民一体となった取り組みは大きく多重債務者の減少へと成果をあげております。

 日本信用情報(JICC)の統計でも、5件以上のサラ金借入者は全国で16万人(2015 年12 月末)へと減少しています。2010 年の115 万人と比すると圧倒的な前進と言えます。

 一方、3か月以上入金がされていずに延滞状態となっている方々はサラ金系で393 万人、信販系で413 万人にものぼっています。

 ここに当会は「格差と貧困」を見ざるをえません。そして、やはり日々の相談活動の中で多重債務の背景にある貧困問題を直視せざるをえません。

 それゆえに、当会は内部に「家計管理委員会」「ヤミ金対策委員会」「高齢者障がい者委員会」「西成支援活動委員会」「依存症問題委員会」等の多重債務当事者の背景に見える課題別の対策委員会をつくり、また、奨学金問題、カジノ問題を考えるネットワーク、生活保護問題、住宅の不当な立ち退き請求等の幅広い分野での取り組みを行っている次第です。

 当会は諸貧困の問題解決なくしては生活の再建はあり得ないという認識のもと、現状の諸相談活動に一致した内容に名称も変更すべしとの想いで、標記の名称に変更した次第です。

 今後ともに借金の相談活動は当然のことながら、様々な諸貧困問題を直視し、寄り添い、これまで以上に大阪府民、関係団体から支持される団体となるように努力していく所存です。

 今後とも、従来同様、ご指導、ご鞭撻賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
                                                  敬  具
   ☎・06-6361-0546・☎ いちょうの会のあゆみお知らせお問合せ関連リンク
      相    談

  
   
 ● クレジット・サラ金相談
    ● ヤミ金・小口相談
     商工ローン被害相談
     年金担保被害相談

      解 決 策

    特定調停解決
  
      
 自己破産の申立

          個人再生の申立
   いちょうの会の活動趣旨
 
 現在、いちょうの会は被害者の方、ボランティアの方、いちょうの会の趣旨に賛同した法律専門家の弁護士・司法書士が一丸となって活動しています。
 活動内容は、いろいろな事情により、多重債務に陥った被害者の法的救済を含めた経済的自立の支援と高利貸の根絶です。
 こちらに相談にこられた被害者の方は、自分で業者と交渉したり、書類の作成をしたりしています。それは自分の今までの生活態度や何故多重債務に陥ってしまったのか、また今後の生活設計を考えてもらうためなのです。そのためのサポートを私たちは主眼にして活動しています。
 そのほかに年数回ヤミ金・サラ金被害根絶のための各種運動も行っています。
  
  【ヤミ金融の撲滅を求める決議】

 2003年6月14日未明、大阪府八尾市でヤミ金融の執拗な取立てを苦に鉄道自殺した痛ましい事件が起こった。そこで、大阪いちょうの会は、大阪府警に対しヤミ金融摘発強化の要請をなし、ヤミ金融相談会の実施ヤ
ミ金融対策法の立法運動などを行った。
 上記事件を機に、ヤミ金融の取締りを求める運動が盛り上がり、同年にヤミ金融対策法が成立した。取締りの強化によってヤミ金融被害は表向き減少したものの、暴力的・脅迫的取立ての被害者は後を絶たない。
 ヤミ金融が狙うのは、消費者金融の高金利・過剰与信によって量産される多重債務者である。
2006年12月に貸金業規正法及び出資法等が大改正され、2007年1月から年109.5%を超える高金利及び無登録営業に対して懲役刑を長期10年、罰金刑を最高3000万円に加重する規定が前倒し施行された。次いで年内に取立規制が強化され、2年後を目途に改正貸金業規正法は完全施行される。これにより、多重債務者を生み出す貸金業の構造が抜本的に改革されることが期待できる。
 一方、2007年4月、政府は「多重債務問題改善プログラム」を策定し、国や自治体が取り組むべき課題として「闇金融の撲滅」を揚げている。
 今後、金融機関や行政、警察等の各関係機関との協力体制をより一層強化して、ヤミ金融業者を摘発し再起しないよう徹底的につぶす必要がある。
 そして、格差社会や貧困という状況の中で生活破綻に追い込まれた多重債務者がヤミ金融に狙われないように、相談体制を拡充・整備していくことが急務である。
 
① 10日で3割~5割(年利1000%~2000%)の利息を取るヤミ金融業者は出資法第5条2項に違反し、10年以下の懲役若しくは3000万円以下の罰金に処せられる違法行為・犯罪行為です。
② ヤミ金融の貸付契約は公序良俗(民法第90条)に違反し貸付契約は無効です。よって利息は全く払う必要はありません。
③ 借入れた元金は不法原因給付(民法第708条)に該当するので債務が残っている場合でも法律上支払義務ははありません。従って法律上は「ヤミ金から借りたお金の返還義務はない」「返済したお金は不当利得なので返還請求」できます。
④ ヤミ金業者の出資法違反の貸付行為は「貸金に名を借りた違法行為の手段にすぎず民法上の保護に値しない」としてヤミ金業者の貸金・元本の返還を認めず「被害者がヤミ金業者に支払った全額が不法行為に基づく損害である」として被害者がヤミ金業者に支払った全額を支払えとの05年2月23日札幌高等裁判所判決は06年3月7日最高裁上告棄却判決により確定しました。
⑤ 被害者が自分の言葉でヤミ金業者に対して「出資法に違反し、10年以下の懲役になる犯罪行為である」「法律上支払義務はない」「支払ったお金は返せ」ということをしっかり言えるようになることが大切です。
⑥ 被害者が「ヤミ金融に負けない決意」で毅然と闘うならば必ず解決できます。相手の暴力的な乱暴な言葉、どんなに怒鳴られようが、脅されようが、挑発には乗らず冷静に対応することが必要です。
  
  【いちょうの会】の理念


 高金利被害が社会問題化している今日、多くの市民が返済のため生活を破壊され、人権を無視した不法な取立て
 に震えながら一人で悩み苦しんでいる。
 当会は、このような多重債務に苦しむ人々を、社会構造ゆえに発生する被害者であるととらえ、社会正義実現のた
 め、被害者自身が自らの尊厳と人間らしい生活を取り戻し、基本的人権を享有できるよう、サラ金・クレジット被害
 根絶を目指すものである。

 当会の理念は、以下の通りである。

 
第一 会員が、相互に力を合わせて、人間性の回復と生活の立て直しをはかる。
 第二 会の諸活動を通じて会員の信頼を輪を拡げ、一人で悩み苦しんでいる被害者の救済をはかる。
 第三 高金利被害は基本的人権の侵害であるという認識をもち、被害救済・防止のためのあらゆる運動を展開
     する。

  【行動指針】

 1,会員は、被害者が借金のために生存権や人間としての尊厳を奪われていることを認識し、この被害が社会の
   構造から生み出されるものであることを理解する。被害者はこの認識のもとに自ら健全な生活を取り戻す。

    被害者は、「借りたのが悪い」と自分を責め、返済できないために頭を下げたり、ウソをつかざるをえなかった
    り、卑屈になりがちである。ついには死まで考える。これは被害者自身やその家族の人間としての尊厳に対
    する重大な侵害である。このような被害は、サラ金3悪(高金利・過剰貸付・違法取立)を容認する日本の社
    会制度により作り出されたものである。

 2,会員は、人間性の回復と高利貸のない社会を目指し、闘う被害者・闘う専門家になる。

    「借りて返さない自分が悪い」、「世の中こんなもの」などとあきらめてしまっては何も解決しない。生活を立て
    直し、また社会を少しでも良くするためには闘う気概が大切である。互いに学び、励ましあい、連帯して闘う
    気概を育てるべきである。

 3,会員は、常に被害者の視点に立ち行動する。

    被害者は、こんなに苦しんでいるのは自分だけだと思い、一人で悩み苦しんでいる。会員はその時の先行
    きの見えない不安、絶望感を思い出し、想像しながら被害者と接する。その気持ちを受け止めるためには、
    よく話を聞くことが必要であるし、被害者を孤立させない配慮も必要である。また、専門家は、法的な対応に
    目が行きがちであるが、本人にとっては生活の立て直しが最重要課題であることに留意すべきである。
 
 4,会員は、相談者のプライバシーも重要な人権であることを認識し、知りえた秘密を守る。

    被害の救済には、なにごとも隠さず正直に全てを話してもらう事が重要であるが、それには前提として、話し
    た内容が漏れることがないという安心感が必要である。また、人に知られたくないという感情がプライバシー
    権の根本にあり、このことを理解すべきである。

 5,会員は、会の民主的な運営を徹底する。

    会員はすべて高利貸のない社会を目指す同志、仲間であり、対等に意見を表明し、意思決定に自ら参加
    する。また、どのような攻撃にも耐え、全国民的な支持を得られる組織を作るためにも、民主的な運営の徹
    底は不可欠である。

 6,会員は、不偏不党・個人参加の原則を貫く。

    設立当初より、会内では特定の政党活動や宗教活動はしないという申し合わせをしている。これは、コレまで
    運動を大きくし、長続きさせてきた重要な原則である。

  【行動指針】会員の心得十ヶ条

 1、私は、会費を納め、会の規約と方針を守ります。
 2、私は、クレジット・サラ金被害を解決するために研修会に参加し、積極的に学びます。
 3、私は、定例会に必ず参加し、会員の仲間との交流を深め、励ましあいます。
 4、私は、今後無責任な借入はいたしません。困ったときは、家族や「いちょうの会」に相談し解決します。
 5、私は、クレジット・サラ金被害の解決と立ち直りのためにどんな困難にもたじろがず不屈の精神で頑張ります。
 6、私は、クレジット・サラ金業者のキビシイ取り立てに対しても返済金のないときはキッパリと「ない」と言います。
 7、私は、被害に陥った原因を明らかにして、自己反省をし、反省文を会に提出します。
 8、私は、すべての負債を明らかにして、家族の協力をえて全面的に解決します。
 9、私は、健全な金銭感覚を身につけるために、「家計簿」「小遣い帳」をつけます。
10、私は、すべてのクレジット・サラ金の被害の根絶のための運動に参加します。



  【いちょうの会】
   「反貧困」のたたかいとクレ・サラ被害者の会の役割

                                                       事務局長 川内泰雄
 東京の「年越し派遣村」が社会に大きな現実を突きつけてから3ヶ月。 3月21・22日、「反貧困・春の大相談会
in大阪」が開催された。

   反貧困の声を一層、高らかに

 大阪には日本最大規模の「寄せ場」といわれる大阪市西成区の釜ヶ崎がある。過去・現在と一貫して「貧困」
の象徴として歴史的に闘いのしのぎがそこには存在した。
 大阪では「貧困」といえば西成・釜ヶ崎とすぐに結びついてしまう。
 野宿生活は減ったといわれている。09年3月に厚生労働省が発表した全国の野宿生活者数は1万5759人
(大阪府4302人、東京都3428人、神奈川1804人)であり、07年同省発表者数1万8564人と比べると
2805人の減少がみられる。しかし、この「減った」という数値には真実味がどうしても感じられない。

 「職と居住」を同時に失う政治災害である派遣切り等にあった人々は個々に分断され、さまよっているに
違いない。ひとりで悩んでいるに違いない。まだまだ、私たちの手が及んでいない。これが現実である。

   諸数値にみる大阪の貧困の深化

 わたしたちの活動の場=大阪の現状をみてみよう。どの数値からも大阪の「貧困」を、反貧困の取り組みの
重要さをかいま見ることができる。
 
 〇大阪府内雇用者数347万人(うち正規は213万人、非正規は134万人)、非正規の占める率は38.6%
   (10年前は25%)97年と07年と比較すると正規は51万人減少、非正規は43万人増加、非正規の男性
   は27万人から46万人に(雇用者に占める割合23.4%)非正規の女性64万人から87万人に(雇用者に
   占める割合58.5%)・・・・・・・・07年大阪府統計課

 〇大阪府内完全失業率5.6%(全国3.9%)・・・・・・08年12月大阪労働局
   大阪府内若年層(15歳~24歳)の完全失業率9.0%・・・・・08年12月大阪労働局

 〇大阪の生活保護受給世帯(08年10月大阪府社会援護課)
   166080 世帯  232675 名

 〇大阪の国民健康保険状況(大阪社会保障推進協議会)
   滞納世帯44万5916世帯、29.5% 資格証明発行世帯数2万8189世帯、1.8%
   短期保険証発行世帯数9万3859世帯、6.0%

 〇大阪の自殺者数(2008年分・09年3月末警察庁)
   大阪の自殺者2128人(全国で3万2249人)ちなみに第1位東京2491人、第2位大阪
   2128人、第3位神奈川1818人、第4位北海道1726人、第5位埼玉1653人、第6位
   愛知1555人である。人口10万人当たりの自殺者数は東京19.6人、大阪24.1人、
   神奈川20.5人、北海道30.8人、埼玉23.3人、愛知21.2人である。

 〇大阪の多重債務者数の分析
   大阪府多重債務対策協議会では大阪の占める比重は全国の1割と推測している(2008年6月資料)。
   そこから類推すると全国信用情報センター連合会データ(09年2月度)で大阪を類推するとサラ金利
   用者数は108万7200人、5社以上の借入人は7万4600人、3社以上の借入人は32万3100人、
   3ヶ月以上の延滞者は22万5000人と凡そみることができる。

    3/21・3/22 私たちはどう取り組んだか

 大阪の象徴は釜ヶ崎である。しかし、貧困問題を釜ヶ崎に、西成に閉じ込めてはならない。貧困はいまや
津々浦々に存在する。東京の派遣村がそうであったように、私たちも大阪の官・民の中心地である大阪市
北区・中央区に選択の模索をした。 そして、まさに象徴たる大阪市役所南側の中之島プロムナードに多くの
テントをはることにした。昨年の反貧困キャラバンをたたかった仲間が集合し、密度の高い準備会議をいくつ
も重ね、ウィングをひろげ、ネットワークが構築された。

 2月下旬からは大阪クレジット・サラ金被害者の会(いちょうの会)に反貧困大阪ネットの受付事務所・
電話を設置し、ボランティア募集の活動をスタートさせた。
 当初はまばらであった問い合わせ電話も日が立つごとに増えていった。どこの団体にも属さない一般の
市民の方々、マスコミ報道をみたいという善意の大家さんからの住宅提供の電話・・・・・・・大いに事務局
を励ました。
 また、一方、「貧困」をターゲットにして商売をせんとする輩からの猫なで声の電話・・・・・大いに事務局
を怒らせた。

 春とはいえ3月末の大阪はまだまだ寒い。住居、宿泊所の確保は必須だ。実行委員会は大阪府・市に
対して緊急宿泊所としての公的施設の開放・提供を要請したが反応はなかった。諸情勢を鑑み、本来、
こういう取り組みは行政が「当然の任務」として行うべきものである。住民が困ったとき、明るい、あった
かい光で灯してくれる灯台のような存在が本来、自治体ではないのか。
 
 そして、当日がきた。
 木村達也実行委員長による開会宣言とともに受付には多くの方々が必死のまなこで行列をなした。
 2日間の相談者数は電話相談も入れて212名。そして、受け入れるバランティアはのべ330名に達した。
 私たちは派遣切りの方々であれ、古くからの野宿生活者であれ、すべての方々を迎え入れる体制を
敷いた。法律家、労働組合、医師、看護婦、ケースワーカー、保健師など多くの専門家、そして事前
登録ボランティア、当日訪れてくれたボランティア・・・・・・・ネットワークの輪は当日、グッとふくらんだ。
 
 訪れた方々、みんな孤独だ。自分の生い立ち、実情について話をしたかったにちがいない。相談者に
堰をきったように真剣に語る人たち。彼らをここまで追いやってきた社会、怒りを感じずにはいられない。
全相談の3分の1をこす方々に対して生活保護申請が行われることになった。ボランティアの方々の
熱心な対応には本当に胸をうたれた。

 ドラマティックな2日間であった。諸問題に取り組むにあたってのネットワークの重要性をしっかりと
認識した2日間でもあった。
 「春の大相談会」の開催を知った方々は一部にすぎない。来られた方々の背後には膨大なる方々
が待っている。今、大阪のあらゆる地域で、規模の大小はあれ様々な団体があらゆる取り組みを
行っている。
 すべての方々に敬意を表するものである。

     私たち大阪クレジット・サラ金被害者の会(いちょうの会)は
           何を学んだか、そして、どうするのか
 

 日頃、私たち大阪クレジット・サラ金被害者の会(いちょうの会)に電話相談、訪問相談される方々
のほとんどは様々な形態の非正規労働者、無職、生活保護受給者、年金生活者である。おどろくほど
正規労働者は少ない。様々な悩みを内包しつつ、借金の解決をという形態でドアをノックしてこられる。

 借金で家族で分離された方、ギャンブル依存症の方、ヤミ金の脅迫が会社におよび離職せざるを
えない方、失業ゆえに拡がった多重債務、ほとんどの方々が「ひとりぼっち」であり、家族から、
社会から排斥されている。
 もちろん、今まで他人に相談なんぞしたことがない人が多い。それゆえに決して債務整理の相談
のみでは終わらない。人生どう生きるのか、人生の再スタートはきれるのか・・・・・。

 そのためには、様々な諸団体とのネットワーク構築が不可避な課題である。反貧困ネットを通しての
様々な団体との出会い、このことを大切にして一人一人の相談者の真の解決の道を丁寧に親切に
はかっていきたい。

 また、多重債務問題の解決はできないと思っている方々の存在=相談者の背後に存在する莫大
なる多重債務者の掘り起こしをどうしてもはかっていきたい。貸金業法の完全施行をもとめる取り
組みは焦眉の課題、また高すぎる利息制限法の金利を下げさせる取り組み等、被害者の会の
果たす役割は「終わりのない旅」である。

 そして、私たちは多重債務問題に限らず、あらゆる生活保護者からの収奪、年金生活者からの
収奪、居住権を剥奪する「追い出し屋」などのあらゆる形態の貧困ビジネスを暴露し、つぶす運動、
反貧困のたたかいを永続していきたい。
  全国の仲間、ともにがんばりましょう。

       

           【いちょうの会 2014年度 活動日誌】

 2014年2月

  
・2/1 行政対策シンポ ・2/4 生活保護引き下げ弾圧に抗す集会 2/7 いちょう家計研究会・いちょうの会
    会計会議 ・2/12 会報発送 ・2/16 近畿被害者交流集会打ち合わせ会議 ・2/20 いちょうヤミ金対策
    委員会 ・2/21 カジノ賭博場反対全国会議 ・2/23 家族教室 ・2/24 カゾノ考える大阪NW ・2/27生保
    事例検討会

    3  月

   ・3/1 いちょうの会事務所移転 ・3/5 カジノ問題を考える大阪NW ・3/8 奈良若草の会定期総会・対協
    社会保障問題第2回研究会(京都)・被連協近畿ブロック交流集会実行委員会(尼崎) ・3/15 大阪い
    ちょうの会第24回定期総会 ・3/17 前事務所完全引き渡し ・3/22 利限法引下集会(静岡) ・3/23 
    家族教室 ・3/25 WAM説明会・いちょう高齢者対策委員会・いちょうの会新事務所開き ・3/28 カジノ
    問題を考える大阪NW会議

     4  月
 
   ・4/1 生保大阪市内前区役所前ビラまき ・4/3 賃貸ネット学習会 ・4/5 家族教室堺準備会 ・4/6 大阪
    にカジノはいらん!集会・生保大阪市内向けホットライン ・4/11 被連協事務局会議 ・4/12 対協拡大
    幹事会・カジノ賭博場反対全国会議結成総会(東京) ・4/13 被連協代表者会議・奨学金対策会議結成
    1周年集会(東京) ・4/18 あいりん子ども連絡会 ・4/19 賃貸住宅トラブル全国NW総会(大阪) ・4/23
     いちょうヤミ金対策委員会 ・4/24 反    貧困大阪NW会議 ・4/27 尼崎あすひらく会総会

     5  月

   ・5/1 カジノ問題を考える大阪NW街頭宣伝(京橋) ・5/9 生保大阪市内ホットライン・カジノ問題全国拡大
    事務局会(東京) ・5/10 いっちょー会 ・5/12 生保基準引き下げ一斉審査請求当事者説明会 ・5/13
    カジノ問題を考える大阪NW事務局会議 ・5/14 本多良男前被連協事務局長死去 ・5/15 カジノ反対院
    内集会 ・5/16 追い出しや被害者の会 ・5/17 家族教室 ・5/28・29 大阪市生保行政全国調査団交渉、
    学習会・カジノ問題を考える大阪NW記者会見
 
     6  月

   ・6/1 カジノ問題を考える大阪NW街宣(大阪駅)・和歌山あざみの会30周年集会 ・6/29 愛知かきつばた
    の会20周年集会 ・6/5 北区社協集会(生活困窮者問題) ・6/11 日弁連カゾノ反対院内集会 ・6/15
    奨学金問題110番・高齢者対策委相談会 ・6/21 対協実務研(静岡) ・6/21 家族教室 ・6/22 被連協
    定期総会(静岡)・WAM補助金申請不採択 

     7  月

   ・7/4 賃トラ阪神例会 ・7/7 カジノ問題を考える大阪NW事務局会議、第3回カジノはあかん街宣(難波) 
   ・7/12~13 対協拡大幹事会(福岡) ・7/14 カジノ問題を考える大阪NW学習会(大阪ベイエリア・ハコもの
    失敗物語) ・ 7/16 反貧困大阪NW事務教区会議(10/12へ) ・7/19 家族教室・生活保護問題全国対策
    会議総会(東京) ・7/20 高齢者対策委相談会 ・7/27 近畿被害者交流集会(宝塚) ・7/29 賃トラネット
    阪神例会 ・7/31 IRビジネスフォーラムOSAKA

      8  月

   ・8/2 消費者法ニュースリレー報告会(大阪) ・8/4 北区社会福祉協議会勉強会 ・8/7 反貧困大阪NW
    事務局会議・カジノ問題を考える大阪NW事務局会議 ・8/7 年金者組合大阪府本部訪問 ・8/9 本多良
    男氏お別れ会 ・8/8 いちょう高齢者対策委員会 ・8/11 大阪市生活保護行政問題調査報告会 ・8/16
    家族教室 ・8/13~8/17お盆やすみ ・8/17 高齢者対策相談会 ・8/18 カゾノ問題共産党大阪市会議員
    団と懇談 ・8/20 賃トラネット例会 ・8/23 京都平安の会総会 ・8/28 反貧困大阪NW事務局会議

     9  月

  ・9/4 カジノ問題を考えるNW事務局会議 9/9 反貧困フェスタ実行委 ・9/11 高齢者対策委員会 9/13
   日弁連カジノ問題シンポ(東京) ・9/13 いっちょー会 ・9/16 カジノ問題を考える大阪NW街頭宣伝(天王寺)
  ・9/20 家族教室 ・9/21 高齢者対策委相談会 ・9/24 反貧困フェスタ実行委 ・9/27 対協拡大幹事会

    10  月

  ・10/3 反貧困フェスタ実行委 ・10/4 大弁カジノ集会へ向けての組織訪問・大阪弁護士会カジノ反対集会
   (震える販売)・沖縄カジノ反対集会 ・10/5 大阪GA・ギャマノンギャマノン20周年集会 ・10/8 日弁連主催
   カジノ問題院内集会 ・10/11 此花区四貫島通商店街にてカジノ反対街頭宣伝(11時~12時 地元住民+
   大阪NWE) ・10/12 反貧困フェスタ(長居公園長居公園・カジノNWで出店・追い出し屋で出店 増田・河田)
  ・10/15 カジノ問題を考える大阪NW事務局会 ・10/16 高齢者委員会 ・10/18 中央区労連でカジノ学習会
   講師派遣・依存症家族教室 ・10/24 高齢者委員会(マーキス) ・10/19 高齢者対策相談会 ・10/27 依
   存症委員会(いちょう) ・10/28 北区社会福祉協議会にて多重債務問題学習会 ・10/30 沖縄知事選告示
   (11/16投票)・カジノ反対参議院会館院内集会
 
     11  月
 
  ・11/1~11/2 全国交流集会(広島) ・11/6 高齢者委員会・カジノ問題NW・公明党市会議員団と懇談 ・11/8
  ・9 生活困窮者自立支援全国研究交流集会 ・11/10 中之島図書館を守る会総会(カジノ大阪NW講師) ・11/
   12 大阪労連25周年記念レセプション ・11/14 賃トラ例会 ・11/15 家族教室(平野司)・カジノ大阪NW此花
   街宣・高齢者対策委相談会 ・11/17 生保引き下げ反対連絡会議 ・11/20 此花区カジノ問題シンポ(此花
   区民ホール) ・11/21/~11/23 国際交流部会(台湾) ・11/23 依存症Gバースデー集会 ・11/25 身近な
   犯罪被害ホットライン(司法書士会)

     12  月

  ・12/5 生活保護基準引き下げ反対連絡会(18時30分大弁) ・12/6 利限法引き下げシンポ(大分) ・12/9 
   全国一斉ヤミ金告発 ・12/12 生保引き下げ提訴支える会準備会(18時30分大弁) ・12/14 衆院選投票
  ・いちょうの会事務局会議 ・12/19 生活保護提訴(9時30分1階ロビー)・提訴報告・支える会発足集会(11時
   大弁) ・12/20 家族教室(河田司) ・12/22 高齢者問題委員会 ・12/23 対協常任幹事会(大阪)・被連協
   事務局会議・対協常任幹事会・各自治体、社協等へ315通年賀状発送

     【2015年 1 月】
    
  ・1/10 対協新年総会(大阪) ・1/11 被連協代表者会議 ・1/14 いちょうの会事務局会議 ・1/15 大弁貧困
   問題市民懇談会~遠藤比呂道弁護士(大弁)・各自治体生活困窮者自立支援担当者宛添付送付 ・1/17 
   家族教室 ・1/19 カジノ大阪NW事務局会議 ・1/22 反貧困NW大阪「生活困窮者自立支援法学習会」(エル
   大阪) ・1/23 淀川区生活自立支援相談員との懇談・横浜カジノ反対集会
           
 
      

           【いちょうの会 2013年度 活動日誌】 

      2013年2月
  
・2/15 20周年御礼150団体へ発送   ・2/19 生活保護関連院内集会   ・2/21 貸金業法改悪反対院内集会
  ・2/23~いちょうの会大阪府補助金にて44万5千部サンケイリビング折込配布 ・2/25 生保問題大阪記者レク
  ・2/25 いちょうヤミ金対策委員会 ・2/27いちょう事務局会議 ・2/27 2月度幹事会
      
      3  月
  ・3/2 追い出し屋対策会議・賃貸住宅を考える集い(東京) ・3/2 セーフティネット貸付対策会議・行政充実会議
   合同シンポ(東京) 3/5 キャラバン実行委員会(東京) ・3/8 梅田の野宿者襲撃殺人事件を考える集い(大阪市
   立住まい情報センター) 3/9 いっちょう会 3/13 カジノ問題記者レク(大阪市政記者クラブ) 3/16 カジノ反対
   集会(あべの市民学習センター) ・3/20 寄り添いホットライン大阪この日で終了 ・3/22 いちょうヤミ金対策
   委員会(いちょう事務所) ・3/23 奈良県若草の会第7回定時総会(奈良県中小企業会館) ・3/25 依存症
   対策委員会 ・3/17 3月度幹事会 ・3/30 被連協役員会議(東京) ・3/30 対協常幹&被連協役員合同会議
   (東京) ・3/31奨学金問題全国会議発足総会(東京)

     4  月

   ・4/1 反貧困NW大阪会議(大弁) ・4/2 寄り添い大阪運営委員会 ・4/5 カジノ大阪集会への事務局会議
   ・4/7東アジア被害交流会準備会(10時木村弁護士事務所) ・4/8 寄り添い大阪運営委員会:カジノ集会への
    事務局会議 ・4/11 追い出し屋対策会議 ・4/13 いっちょう会(いちょう事務所) ・4/13 レインボーの会
    (いちょう事務所) ・4/13 釜ヶ崎講座 ・4/15 反貧困ネット大阪白井中日記者を囲んで ・4/17 奨学金
   問題いちょうの会準備会 ・4/20 対協拡大幹事会(熊本) 4/21 被連協代表者会議(熊本) ・4/21 尼崎
   あすひらく会定期総会 ・4/24 4月度幹事会 ・4/25 生活保護基準引き下げ反対院内集会(東京) ・4/26
   いちょうヤミ金対策員会 ・4/27 追い出し屋相談ホットライン(いちょう) ・4/28 家族教室 ・4/29 反貧困
  キャラバン2013第1回実行委員会(東京) 4/30 カジノ集会大阪実行委員会

     5  月
 
   ・5/3 中坊公平死去83歳 ・5/9 反貧困NW大阪会議 ・5/11 保証被害対策シンポ(東京) ・5/11 
   いっちょう会  ・5/13 追い出し屋被害者の会 ・5/16 就学金問題学習会(大弁) ・5.17 カジノ問題びらまき
  ・5/18 奨学金返済問題ホットライン ・5/18 レインボーの会 ・5/19 大商連定期総会(メッセージ対応) 
  ・5/22 5月度幹事会 ・5/23カジノ問題大阪実行委員会 ・5/26 依存症家族教室 ・5/27 いちょうヤミ金
   対策委員会

     6  月
 
   ・6/3 カジノ問題集会記者レク ・6/6 あざみの会定期総会(メッセージ対応) ・6/6 追い出し屋対策会議
   ・6/7 奨学金問題院内集会 ・6/9 カジノ問題大阪集会 ・6/9 大阪生活と健康を守る会総会(メッセージ対応)
   ・6/12 追い出し屋対策院内集会 ・福祉医療事業団よりいちょうから補助金申請不採択の通知 ・6/15 対協
    実務研(静岡) ・6/16 被連協定時総会(静岡) ・6/22 行政対策充実シンポ(京都) ・6/23 家族教室 
   ・6/24 いちょうヤミ金対策委員会 ・6/26 6月度幹事会

     7  月

   ・7/1 カジノ問題大阪実行委員会 ・7/2 大弁市民館(奨学金問題:中京大大内教授) ・7/3 いちょう奨学金
    対策委員会 ・7/4 参院選公示 ・7/5 いちょう高齢者対策委員会 ・7/6 第27回近畿被害者交流会(大津)
   ・7/6 消費者法ニューズリレートーク(大阪) ・7/9 いちょう依存症対策委員会 ・7/13 対協拡大幹事会(福島)
   ・7/20 レインボーの会::参院選投開票 ・7/22 追い出し屋被害者の会 ・7/24 いちょうヤミ金対策委員会 
   ・7/24 7月度幹事会 ・7/25 あいりん地域福祉相談実務者会議 ・7/27 生活保護問題全国会議総会(総会)
   ・7/28 家族教室 ・7/30 カジノ問題大阪事務局会議

     8  月

   ・8/1 反貧困大阪NW会議 ・8/3 対協・被連協国際交流部会(大阪):被連協拡大事務局会議(大阪):泉州
    地域生活保護利用当事者の会=えくぼの会結成総会(岸和田) ・8/6~8/7生保相談ホットライン(プロボノ)
   ・8/7 総務省電気通信事業課とのヤミ金携帯問題についての懇談 ・8/7 西成市民館よろず相談ウィーク
   ・8/8 カジノ問題を考える大阪NWと泉佐野反対準備委員会との懇談 ・8/12~8/18 いちょうやすみ ・8/20
    いちょうの進路を考える実谷委員会 ・8/23 反貧困キャラバン釧路・沖縄スタート ・8/24 京都平安の会
    定例総会 ・8/25 家族教室 ・8/27 サクラサイト110番 ・8/28 生保基準引き下げ問題学習会&相談会
   (大弁):依存症問題クラフト講座(ロバート・メイヤーズ氏)

     9  月

   ・9/3 いちょうの進路を考える小委員会 ・9/4 いちょうヤミ金対策委員会::対協拡大幹事会(尼崎) ・9/7
    被連協事務局会議 ・9/9 追い出し屋被害者の会 ・9/12 貧困大阪NW会議 ・9/14 奨学金問題学習・
    相談会(大弁) ・9/14 いっちょー会 ・9/14 対協・被連協国際事務局会議 ・9/14 いっちょー会 ・9/14
    対協・被連協国際交流事務局会議 ・9/17 大阪質屋協同組合へ偽装質屋問題についき申し入れ ・9/20
    いちょう依存症対策委員会 ・9/22 家族教室~生活保護不服一斉審査請求:奈良若草の会運営委員会へ
   ・9/24 いちょう偽装質屋110番 ・9/25 いちょう事務局会議 ・9/25 9月度幹事会 ・9/27 いちょう高齢者
    対策委員会 ・9/28 脱法ハウス・追い出し屋被害110番 ・9/28 カジノ反対東京集会

     10  月

   ・10/1 反貧困大阪NW事務局会議 ・10/3 追い出し屋対策会議例会 ・10/4 働き方ASU・NET集会 ・10/12
    いっちょー会 ・10/12 奨学金問題シンポ(大弁) ・10/15 セックスワーカー支援者との懇談 ・10/15 カジノ
    問題を考える大阪NW実行委員会 ・10/19 東アジア金融被害者交流集会;:10月度幹事会 ・10/25 WAM
    助成セミナー ・10/26~10/27 第33回全国被害者交流集会(仙台) ・10/27 家族教室特別ミーティング
   ・10/31 反貧困NW大阪会議

     11  月

   ・11/5 宝塚スプーンの会定期総会 ・11/7 カジノ問題を考える大阪NW会議 ・11/9 いっちょー会 ・11/11
    追い出し屋対策会議 ・11/11 反貧困NW大阪会議:京都平安の会事務所閉鎖 ・11/20 反貧困NW大阪
    会議 ・11/20~11/24 反貧困2013全国キャラバン大阪へ ・11/24 キャラバンゴール集会⇒長居公園
   ・11/24 GA大阪・ギャマノン合同ミーティング ・11/27 11月度幹事会

     12  月

   ・12/1 尼崎あすひらく会望年会 ・12/2 いちょう高齢者対策委員会 ・12/4 カジノ反対泉佐野集会への準備会
   ・12/5 ヤミ金ナビについての産経新聞とのうちあわせ ・12/7・12/8 生活保護無料電話相談会(10~17)
   ・12/13 ヤミ金対策委員会:いちょう四役会議 ・12/14 いっちょー会 ・12/15 泉佐野カジノ問題学習会 
   ・12/22 家族教室 ・12/22 被連協事務局会議(大阪) ・12/23 対協常任幹事会 ・12/26 ~1/5 冬休み

     2014年 1 月

   ・1/7 追い出し屋対策会議 ・1/8 反貧困大阪NW会議 ・1/9 カジノ問題を考える大阪NW事務局会議 ・1/11
    いっちょー会 ・1/11 クレサラ対協新年総会(大阪) ・1/11 全国カジノ賭博場問題準備会 ・1/12 被連協
    代表者会議 ・1/15 いちょうの会四役会議 ・1/18 滞納処分差押問題西日本交流集会(社保協主催) 
   ・1/22 1月度幹事会 ・1/31 カジノ問題を考える大阪NW事務局会議



              【いちょうの会 2012年度 活動日誌】    

     12年2月
   ・2/4寄り添いホットライン研修会(東京) 2/4被連協事務局会議(東京) 2/7キャラバン対策会議 2/11
    いちょうの会第21回定期総会・読売テレビへの抗議文発送・松井知事、橋下市長、維新の会へ要請書発送
   ・2/18近畿被害者交流集会実行委員会(奈良) ・2/21読売テレビとの話し合い ・2/23反貧困NW大阪会議
   ・2/25,26寄り添いホットライン全国研修(東京)設立2周年シンポ(東京)
     3  月
   ・3/1インターネット官報についての申し入れ発送 3/5被連協事務局会議(東京) 3/3~6寄り添いホットライン
    被災地実地研修(盛岡など) 3/5・3/6・3/7寄り添いホットライン大阪研修 3/8被連協本部移転・3月度
    いっちょー会 3/11寄り添いホットラインスタート 3/17奈良若草の会総会 3/17箕面NPO北芝学習会講師
    派遣 ・3/24保証被害対策会議・利限法引き下げ会議合同シンポ ・3/25尼崎あすひらく会定期総会 3/28
    定例幹事会・第一次寄り添いホットライン終了

      4  月
   ・4/9寄り添いホットライン大阪会議 4/10.11寄り添いホットライン全国コーディネータ会議(東京) 4/13被連協
    事務局会議(広島) 4/14クレサラ対協拡大幹事会(広島)・4月度いっちょー会 4/15被連協代表者会議
    (広島) 4/16追い出し屋対策会議 ・4/16寄り添いホットライン再開 ・4/22大商連定期総会 ・4/25幹事会

      5  月

    ・5/2全国キャラバン事務局会議(大阪) 5/7寄り添いホットライン大阪定例会議 ・5/8反貧困大阪NW会議
    ・5/125月度いっちょー会 ・5/12クレサラ対協実務研(京都) ・5/12近畿被害者交流集会実実行委(京都)
    ・5/13被連協2012年度総会(京都) ・5/18西成生活保護・医療問題意見交換会 ・5/23定例幹事会 ・5/14
     寄り添いホットライン大阪研修会(自死対策) ・5/28大阪府へヤミ金問題につき公開質問状

      6  月

    ・6/1反貧困NW生活保護問題につき大阪市へ申し入れ ・6/7あざみの会29会総会 ・6/9生活保護対策
     会議生保110番 ・6/96月度いっちょー会 ・6/13いちょうの会事務局会議 ・6/18大阪府貸金業対策室
     より回答到着 ・6/21大阪府打ち合わせ会議

      7  月

    ・7/1近畿被害者交流集会 ・7/5反貧困大阪NW会議 ・7/5被連協事務局会議(仙台) ・7/6クレサラ
     対協拡大幹事会(仙台) ・7/7被連協代表者会議(仙台) ・7/12キャラバン西ルート出発(沖縄) ・7/14
     キャラバン東ルート出発(釧路) ・7/14・15寄り添いホットライン全国CO会議(東京) ・7/147月度
     いっちょー会・高齢者対策にて年金者組合と協議 ・7/25定例幹事会 ・7/28消費者法ニュースリレー
     報告会(大阪) ・7/30追い出し屋対策会議

      8  月

    ・プロボノセンター20周年集会 ・8/4多重債務行政支援講座(東京) ・8/6高齢者対策につき労福協と協議
    ・8/118月度いっちょー会 ・8/22定例幹事会・高知足摺岬自殺予防看板設置 ・8/31大阪府貸金業対策室
     へ抗議行動

      9  月

    ・9/7被連協事務局会議(新潟) ・9/8クレサラ対協拡大幹事会(新潟) ・9/89月度いっちょー会 ・9/9
     被連協代表者会議(新潟) ・9/13和歌山訴訟控訴審(大阪高裁)・クレサラ対協国際交流部会(ソウル)
    ・9/26定例幹事会

      10  月

     ・10/1310月度いっちょー会 ・10/13~10/17反貧困キャラバン大阪5日デー・反貧困世直し集会(東京
     ・芝公園) ・10/24定例幹事会 ・10/27~10/28全国クレサラ被害者交流集会(札幌)

      11  月

     ・11/6ヤミ金対策委員会・11月度いっちょー会 ・11/28定例幹事会

      12  月

     ・12/8ギャンブル問題対策委員会 ・12/812月度いっちょー会 ・12/12いちょうの会事務局会議 ・12/19
      寄り添い運営委員会 ・12/21被連協事務局会議(大阪) ・12/22クレサラ対協常任拡大幹事会 ・12/26
      定例幹事会

       2013年 /1 月

     ・1/12クレサラ対協新年総会(大阪) ・1/13被連協代表者会議(大阪)・1月度いっちょー会消費者法
      ニュースリレー報告会(東京) ・1/23定例幹事会 ・1/24寄り添い運営委員会 ・1/27尼崎あすひらく会
      新年会 

        2  月

     ・2/1緊急被連協事務局会議(東京) ・2/2 2013年度近畿被害者交流集会実行委(大津)


 
            【いちょうの会 20011年度 活動日誌】

  
  11年2月
   ・2/12 いちょうの会第20回定期総会・19日全国追い出し屋対策会議設立2周年シンポ(東京)
   ・23日2月度幹事会・24日反貧困大阪NW連続学習会「保育新システムについて」
  3  月
   ・5日利息制限法引き下げ大阪集会「借金システムの問題を抉り、銀行とサラ金を問う」・6日依存症問題
    パネルディスカッション「カジノ問題を考える大阪集会」・7日「阪神クレジット」対策会議・8日ヤミ金対策
    委員会・8日釜ヶ崎再生フォーラム・10日瀬井幸則氏偲ぶ会実行委員会・11日追い出した対策会議
    12日3月度いっちょー会・14日追い出し屋被害者の会・15日釜ヶ崎講座・19日武富士シンポ(高松)
    23日3月度幹事会・24日反貧困逢坂NW大阪拡大事務局会議・25日泉佐野事件対策会議
    27日奈良若草の会定期総会・30日全国追い出し屋対策会議院内集会・31日家計管理委員会
  4  月
   ・9日4月度いっちょー会・9日クレサラ対協拡大幹事会(松山)・10日被連協代表者会議(松山)
   ・10日被連協代表者会議(松山)・10日瀬井さんを偲ぶ実行委員会・13日新今里ヤミ金事件対策委
   ・15日大阪市心の健康センターとの懇談会・17日瀬井さんを偲ぶ会・18日いちょうヤミ金対策委員会
   ・22日追い出し屋対策会議・27日4月度幹事会・28日反貧困NW大阪事務局会議
  5  月
   ・2日富士クレジット問題に関する近畿財務局への申し入れ行動・14日被連協近畿ブロック打ち合わせ会議
   ・14日5月度いっちょー会・14日東淀川チラシまき作戦・14日出会い系アダルトサイト110番
   ・14日武富士責任追及集会・15日尼崎あすひらく会総会・18日釜ヶ崎相談活動1周年・20日いちょうの会
    事務局会議・23日反貧困NW大阪事務局会議・25日5月度幹事会・26日追い出し屋対策会議院内集会
   ・27日追い出し屋対策会議・28日国民生活センターのあり方を問う集会・28日第15回釜ヶ崎講座・講演の
    集い・29日大阪商工団体連合会65回定期総会(メッセージ対応)
  6  月
   ・4日平野区団地チラシまき作戦・6日囲い屋110番・8日いちょうヤミ金対策委員会・10日ヤミ金全国
    一斉提訴(いちょうから449件のデーター提供)・14日6月度いっちょー会・22日午前0時八尾事件
    主犯川畑時効・22日6月度幹事会・25日クレサラ対協実務研究会(京都)・25日被連協交流会(京都)
   ・26日被連協総会(京都)
  7  月
   ・5日追い出し屋対策会議・7日大阪クレサラ対協結成準備会・9日7月度いっちょー会 いちょう事務所
    大移動・大阪生健会定期総会(メッセージ対応)・9日クレサラ対協拡大幹事会(札幌)・10日被連協
    代表者会議(札幌)・23日なくせ連帯保証人被害を生まない民法改正をめざす集会・25日追い出し屋
    院内集会・27日大阪府精神保健Gとの懇談・27日7月度幹事会・28日26号室あけわたし
   ・30日近畿ブロック被害者交流集会・31日なくせパチンコ被害大阪市民集会

  8  月   ・6日熊本・吉田洋一さんを偲ぶ会(欠席)・9日反貧困大阪事務局会議・13日8月度いっちょー会
   ・13日~16日事務所やすみ・17日いちょうヤミ金対策委員会・20日西成市民館よろず相談ウィーク
    相談会・20日京都平安の会総会・22日いちょうの会事務局会議・24日8月度幹事会
  9  月
   ・3日大阪自殺防止センターとの懇談、関西いのちの電話事務局と懇談・10日WHO世界自殺予防day
    大阪府・大阪市・堺市共同自殺予防2Week・9月度いっちょー会・10日・11日いちょうヤミ金&借金
    なんでも110番・12日追い出し屋被害者の会・22日反貧困大阪事務局会議・28日9月度幹事会
  10  月
   ・2日出会い系アダルトサイト被害110番・4日追い出し屋被害者の会・8日10月度いっちょー会
   ・8日クレサラ対協拡大幹事会(千葉)・9日被連協代表者会議(千葉)・追い出し屋対策会議緊急院内集会
   ・18日事務局会議・20日~22日クレサラ国際会議(台湾)・24日武富士投票期限・25日社会福祉協議会
    「社会貢献部会」講師派遣・26日10月度幹事会・27日反貧困大阪NW事務局会議
  11  月
   ・4日~6日被連協福島支援活動・5日西成市民館館長を囲む会・12日11月度いっちょー会・24日反貧困
    大阪事務局会議・26日~27日全国被害者交流集会松山・27日GA大阪・ギャマノン17周年記念ミーティング
   ・27日大阪府知事・市民選挙・11月度幹事会
  12  月
   ・9~10日西成市民まつり・追い出し屋規制法案廃案に(通常国会終了 さらなる取り組みへ)・10日12月度
    いっちょー会・11日寄り添いホットライン事業説明会(大津)・13日釜ヶ崎再生フォーラム・16日全国ヤミ金
    一斉提訴(全国で業者数1668(うち、いちょう271)、電話1469(287)、口座1394(202))
   ・14日12月度幹事会・17日保証問題110番(いちょう事務所)・22日反貧困大阪事務局会議・22日被連協
    事務局会議(大阪)・23日クレサラ対協常任幹事会(大阪)・23日キャラバン対策会議・24日寄り添い
    ホットライン事業交流会(東京)・26日追い出し屋対策会議・27日西成越冬支援物いれ(13時~西成市民館)
   ・武富士より韓国のA&Pファイナンスシャルが撤退、Jトラストが事業承継
  12年 /1  月
   ・会報43号袋詰め・14日1月度いっちょー会・14日生活保護受給当事者の会・14日クレ・サラ対協新年総会
    (大阪)・キャラバン対策会議・15日被連協代表者会議(大阪)・19日拡大事務局会議・22日非正規労働者
    権利実現会議集会・22日キャラバン対策会議・29日反貧困NW大阪「子どもの貧困」集会



   【いちょうの会 2009年度 活動日誌】

  ・14日いちょうの会第18回定期総会兼2月度いっちょー会・15日全国追い出し屋対策会議結成総会
  ・16日反貧困大阪ネット事務局会議・19日反貧困大阪ネット府・市要請行動
  ・23日近畿ろうきん~ヤミ金研修講師派遣・野宿者支援NWとの懇談会・25日幹事会・26日依存症対策委員会
 3  月
  ・3日家計管理委員会・6日依存症委員会・7日改正貸金業法完全施行を求める全国集会(東京)
  ・9日追い出し屋対策会議・11日特定調停委員会・12日反貧困大阪ネット事務局会議
  ・13日研修委員会・3月度いっちょー会・16日反貧困大阪ネット実行委&研修会・18日大阪社会福祉協議会
  ・20日奈良若草の会定期総会・21日~22日反貧困大阪ネットテント相談会・23日反貧困大阪ネットフォロー行動
  ・25日幹事会・31日ヤミ金対策委員会
 4  月
  ・3日反貧困大阪ネット事務局会議・4日被連協近畿ブロック代表者会議・8日近畿被害者交流集会いちょう実行
   委員会・11日4月度いっちょー会・11日クレ・サラ対協拡大幹事会・12日被連協代表者会議・13日追い出し屋
   対策会議・16日泉南地方被害者の会対策会議・19日追い出し屋110番・20日特定調停委員会・22日四条畷
   民生委員・児童委員研修会講師派遣・22日幹事会・24日摂津市民生委員児童委員研修会講師派遣
  ・26日尼崎あすひらく会総会・28日家計管理委員会
 5  月
  ・1日広告委員会・9日5月度いっちょー会・10日追い出し屋対策会議院内集会・12日ヤミ金対策委員会
  ・13日近畿被害者交流集会いちょう実行委員会・13日過払金返還全国統一行動・17日被連協三役会議
  ・20日ヤミ金対策委員会・21日泉南地方被害者の会対策会議・26日羽曳野市民生委員児童委員研修会講師
   派遣・26日反貧困ネット事務局会議・27日幹事会・28日大阪府多重債務対策会議セーフティネット貸付部会
  ・29日家計管理委員会
 6  月
  ・1日特定調停委員会・2日ヤミ金対策委員会・4日和歌山あざみの会総会・9日西成住民相談会・11日ヤミ金告発
   記者レク・13日6月度いっちょー会・13日被連協近畿ブロック代表者会議・15日泉南地方被害者の会対策会議
  ・16日ヤミ金携帯電話府警へ申し入れ・18日大阪府多重債務対策会議・19日追い出し屋対策会議・20日いちょう
   研修会「うつ病の理解と対応」・23日幹事会・27日クレ・サラ対協実務研究会・28日被連協総会
  ・29日反貧困大阪ネット事務局会議
 7  月
  ・1日近畿被害者交流集会いちょう実行委員会・全国追い出し屋対策会議福岡集会・10日ヤミ金対策委員会
  ・11日7月度いっちょー会・11日クレ・サラ対協拡大幹事会・12日被連協拡大幹事会・18日消費者ニュースリレー
   報告会・19日近畿被害者交流集会・21日追い出し屋対策会議・22日幹事会・28日反貧困大阪ネット学習会
   「女性の貧困」
 8  月
 
 ・5日京阪沿線ヤミ金対策会議・8日8月度いっちょー会・11日岸和田市職員研修講師派遣・19日研修委員会
  ・25日追い出し屋対策会議・26日幹事会・28日広告委員会・30日平安の会総会・31日京阪沿線ヤミ金対策会議
 9  月
  ・1日システム金融対策会議・7日依存症委員会・いちょう事務局会議・10日家計管理委員会・12日9月度
   いっちょー会・12日利息制限法引き下げ徳島シンポ・17日京阪沿線ヤミ金対策会議・24日システム金融対策
   会議・28日京阪沿線ヤミ金対策会議・29日反貧困大阪ネット学習会「医療現場から見える貧困」・30日幹事会
 10 月
  ・1日追い出し屋対策会議・2日いちょうの会協力会員新人研修・7日京阪ヤミ金対策会議・9日被連協あり方懇談会
  ・10日10月度いっちょー会・10日クレサラ対協拡大幹事会・改正貸金業法完全施行東京集会・11日被連協代表者
   会議・12日追い出し屋110番・14日システム金融対策会議・22日特定調停研修会・27日システム金融対策会議
  ・28日幹事会・29日反貧困大阪ネット学習会「ホームレスってどんな人」
 11 月
  ・4日追い出し屋対策会議・4日5日債務整理二次被害110番・7日利息制限法引き下げ全国集会(川崎)
  ・9日反貧困ネット大阪事務局会議・13日過払い金返還全国一斉統一行動・13日野宿者ネットと懇談会
  ・14日手形小切手ヤミ金(システム金融)対策全国会議創立総会・14日11月度いっちょー会・16日追い出し屋対策
   会議院内集会・18日全国被害者交流集会いちょう事前学習会・19日住吉生活と健康を守る会研修会講師派遣
  ・21日システム金融110番・23日追い出し屋対策会議名古屋集会・第2回無料低額宿泊所対策会議
  ・25日大阪府・市との提携ヤミ金チラシ撤去・26日追い出し屋対策会議・28日29日全国クレサラヤミ金被害者
   交流集会
 12 月
  ・1日反貧困大阪ネット学習会「外国人労働者の生活」・1日システム金融対策会議・9日反貧困大阪ネット事務局
   会議・12日12月度いっちょー会・16日幹事会&望年会・19日野宿者NWの夜回りに10名参加・22日被連協三役
   会議・23日クレサラ対協常任幹事会・23日西成の仲間へ年越しグッズ袋入れ作業・27日~29日配布
 10年1 月
  ・9日1月度いっちょー会・12日追い出し屋対策会議・13日反貧困大阪ネット学習会「公営住宅から見える貧困」
  ・16日クレサラ対協新年総会・17日被連協代表者会議・18日いちょう事務局会議・18日依存症委員会・追い出し屋
   被害者の会結成準備会・28日西成の仲間と年末反省会&相談会・29日システム金融対策会議・29日11の
   法律家団体共催(クレサラ対協も共催)派遣法抜本改正緊急集会
  ・30日アイフル・ライフ・シティズ利用者相談110番
 2  月
  ・3日反貧困ネット大阪事務局会議・4日追い出し屋対策会議   
      


       【いちょうの会 2008年度 活動日誌】 
 
 
08年2月
  ・10日いちょうの会第17回定期総会・16日近畿被害者の会打ち合わせ会議・27日幹事会
 3  月
  ・2日奈良若草の会総会・7日五菱会ヤミ金裁判・8日3月度いっちょー会・13日過剰与信委員会
  ・15日北陸クレサラヤミ金対策会議(金沢)・22日近畿被害者の会打ち合わせ会議・26日幹事会
  ・27日調停委員会・反貧困フェスタ(東京)
 4  月
  ・4日ヤミ金対策委員会・5日クレサラ対協拡大幹事会(秋田)・6日被連協代表者会議(秋田)
  ・7日行政対策委員会・12日4月度いっちょー会・12日近畿被害者の会打ち合わせ会議・14日
   ダイエーリース検討会議・15日家計管理委員会・19日アエル110番・23日幹事会・24日
   過剰与信委員会・25日特定調停委員会・27日尼崎あすひらく会総会
 5  月
  ・10日5月度いっちょー会・10日びわ湖あおぞら会設立総会・11日被連協3役会議・13日全国一斉
   過払い金返還請求・13日ヤミ金対策委員会・16日大阪府消費者フェアー講師派遣・16日特定調停
   研修会・17日近畿被害者の会打ち合わせ会議・17日依存症研究会・19日ヤミ金研修会・28日幹事会
  ・28日京橋・中郵街頭宣伝・30日ヤミ金相談会110番・31日特定調停110番
 6  月
  ・5日あざみの会総会・6日過剰与信委員会・6日大阪府多重債務対策協議会・7日近畿被害者の会
   打ち合わせ会議・9日ヤミ金対策委員会・10日五菱会最高裁判決高松分・11日第11回全国ヤミ金
   一斉告発・14日近畿被害者の会打ち合わせ会議・14日6月度いっちょー会・16日家計管理委員会
  ・21~22日近畿被害者交流集会・25日幹事会
 7  月
  ・3日自治労連労金推進交流会講師派遣・4日反貧困キャラバン実行委員会・5日クレサラ対協拡大
   幹事会(福井)・6日被連協代表者会議(福井)・6日セーフティネット全国会議・8日ヤミ金対策委員会
  ・9日研修委員会・9日特定調停委員会・12日7月度いっちょー会・12日反貧困キャラバン西日本ルート
   出発・13日反貧困キャラバン東日本ルート出発・16日家計管理委員会・18日ヤミ金携帯電話番号
   1500件を大阪府警、近畿総合通信局へ提出・19日消費者法ニュースリレートーク集会・20日第27回
   被連協総会(神戸)・21日クレサラ対協実務研究会(神戸)・23日幹事会・25日反貧困ネット
 8  月
  ・1日反貧困ネット実行委員会・6日ヤミ金対策委員会・6日研修委員会・7日反貧困ネット実行委員会
  ・8日行政対策委員会・8日府社会福祉協議会研修会講師派遣・9日8月度いっちょー会・11日大阪弁護士会
   五菱会回復手続き説明会・20日特定調停委員会・24日たたかう平安の会10周年記念式典・24日セーフティ
   ネット貸付実現神戸集会・27日幹事会・30日平安の会総会
 9  月
  ・1日反貧困ネット実行委員会・13日9月度いっちょー会・13日近弁連非正規労働者・17日ヤミ金対策委員会
  ・20日ヤミ金対策シンポ茨城・24日幹事会・26日ゼロゼロ物件対策会議・27日「利息制限法を考える京都
   シンポ」・30日反貧困ネット実行委員会
 10 月
  ・1日特調対策委員会・1日研修委員会・4日協力会員研修会・8日いっちょー会運営委員会・11日10月度
   いっちょー会・11日クレサラ対協拡大幹事会(北九州)・12日被連協代表者会議(北九州)・12日山形
   さくらんぼの会結成総会・15日反貧困キャラバンカー大阪入り~18日まで大阪キャラバン・15日反貧困
   貝塚集会・16日反貧困エル大阪集会・17日反貧困淀屋橋街宣・18日反貧困御堂筋パレード・19日反貧困
   東京中央集会・22日幹事会・23日追出し屋対策会議・24日全国ヤミ金110番・28日追出し屋110番・31日
   ヤミ金対策委員会
 11 月
  ・8日11月度いっちょー会・8日第28回全国被害者交流集会~9日(秋田)・10日追出し屋対策会議・12日
   特定調停委員会・13日五菱会説明会(国労会館)・14日協力会員研修会・22日関西銀行の貸し手責任を問う
   第7回定期総会・26日幹事会 ・28日反貧困ネット実行委員会・28日追出し屋対策会議訴訟検討会
 12 月
  ・3日研修委員会・5日追出し屋一斉提訴・11/8~9全国交流集会伝達研修会・6日近畿被害者交流集会
   伝達研修会・6日多重債務対策支援講座in大阪・9日全国一斉ヤミ金告発・9日追出し屋対策会議
  ・10日特定調停委員会・13日12月度いっちょー会・14日富山被害者の会結成総会・17日幹事会
  ・18日家計管理委員会・22日全国被連協3役会議  ・23日クレサラ対協常任幹事会・24日明るい
   クリスマスと正月を!年越し電話相談会
 09年1 月
  ・10日特定調停ミニシンポin大阪・10日1月度いっちょー会・10日クレサラ対協拡大幹事会・新年会
  ・11日被連協代表者会議  ・14日いちょうの会3役会議・15日研修委員会・19日反貧困ネット実行委
  ・21日追出し屋対策会議・23日半貧困ネット実行委  ・23日生田武志氏との懇談会・24日近畿被害者
   交流集会実行委・27日家計管理委員会・28日幹事会 ・30日協力会員研修会・31日全国ヤミ金対策会議
   総会・31日高金利引き下げ全国連絡会議総会
 2  月
  ・2日ヤミ金対策委員会・3日大阪府市町村民生委員児童委員協議会会長研修会講師派遣・4日反貧困
   ネット実行委・4日特定調停委員会・4日家計管理委員会・6日研修委員会・9日追出し屋対策会議
 
   
【「いっちょー会」2008年度活動報告】

     ~被害者の、被害者による、被害者のための交流会~ 
 1,はじめに
  1) いっちょー会について
   
・「大阪いちょうの会」では、被害者の「尊厳回復」と「家庭生活の平安の回復」、さらには
    「被害再発防止」と「被害拡大」を防ぐために被害者自らが立ち上がり、共に痛みをわかちあい、
    思いを共有し、被害者が陥りやすい「孤独感」「罪悪感」を少しでも払拭すべく、定期的に被害者が
    交流できる場として、「いっちょー会」を毎月1回開催し、最終的には被害者の精神的・経済的自立を
    応援することとする。
  2) いっちょー会の基本理念(スローガン)
~被害者の、被害者による、被害者のための交流会~
  <基本理念の考え方>
   「被害者の」:被害者が参加できる交流会である。
   「被害者による」:被害者自身が主体となって運営をする交流会である。
   「被害者のための」:参加することで被害者が救われ、自立することを目的とする交流会である。
   「定例」:毎月1回、必ず実施する交流会である。そのことにより、「決まった日時にいつ来ても、必ず
   誰かと思いを共有することができる」ことを願う。
  3) いっちょー会における被害者の行動指針
   ①「大阪いちょうの会 会員の心得十か条」を守り、行動する。
   ②「定例交流会」には、被害者として積極的に参加するだけでなく、参加する他の被害者の意見を
    被害者の立場で積極的にきき、共に思いを共有する。
   ③「定例交流会(いっちょー会)」に積極的に参画し、できる範囲で運営の応援をする。
   ④再び多重債務に陥らないように、生活再建に向けたさまざまな工夫(家計簿作成など)や
    行動をする。
 2,平成21年度 活動方針
  1) 定例交流会
    * 毎月第二土曜日 Pm12:00開始
    * 会場 大阪国労会館(JR天満駅徒歩5分)地下1階会議室
  2) 運営委員会
    * 交流会終了後に毎回実施、今回反省と次回内容の検討実施
  3) その他
    * 運営委員交流会(委員相互の交流目的)   年3回実施予定(運営委員会にて検討)